MRIによる画像診断

看護師

情報量が多いMRI

頸椎椎間板ヘルニアにおいて最も人気の高い診断技術としてMRIによる画像診断が行われます。症状として首や肩に痛みやしびれが出てくるというのが典型的であり、頚椎を反らせると痛みやしびれが悪化するということに特徴があります。そのため、その症状だけでもほぼ頸椎椎間板ヘルニアであるとわかりますが、それでもなおレントゲン写真を撮影した上で、MRIによる検査が行われます。これは頸椎椎間板ヘルニアでは椎間板が後方に突出しているということを確認するのが確定診断に必要だからです。その役割だけであればレントゲン写真でも可能ですが、MRIを用いると神経に関する情報も得られるため、どの神経がどのように圧迫されて症状が出ているのかがわかります。その情報量の多さが人気の理由です。

治療の場所の確定

MRIによって多くの情報が得られるため、治療においてどこの痛みをとればよいかということが明確になります。頸椎椎間板ヘルニアではどこに病変があるかということを特定することが大切であり、それによってカラーを準備して固定する場所が変わります。しかし、気をつけるべきなのは必ずしもMRIがなくても対症療法は行っていけるということです。痛みや炎症に対して鎮痛消炎剤を使ったり、神経ブロック注射を行ったりするという治療を行う上ではきっちりと状況が把握できていなくても、レントゲン写真を見て場所を判断するという程度で実施することができます。もし検査費用などが気にかかってしまった場合には医師に相談してみると良いでしょう。